リレーブログ「家族ものについて」フルタジュン

サタデーナイト、いかがお過ごしでしょうか。
稽古も終盤戦に入って来た。
フルタです。

稽古のことは明日のブログに書くとして、今週のテーマ。

「家族ものについて」

おそらく劇作家の中でも、僕は家族をテーマに描いてきたことが極端に少ないタイプだろう。
劇団の公演、外部での公演。
全部で、もう50本近く書いている気がするけど、二つしかない。

「匿名家族」
「僕は父のプロポーズの言葉を知らない」

フルタ丸でやった、この二つだけだ。
正直、向き合うことを避けて来たから少ない。
けど、作るべきタイミングが来てしまったと思った。
逃げてばかりはいられない。
こうして二作品書いた。

どちらの作品にも共通点がある。

息子と父親。

それがテーマであった。書いても書いても、答えが出ない。
僕にとってはおそらく今後も向き合い続けるテーマだろうと思う。

二作品を上演した時、どちらの作品にも手ごたえを感じていた。
これまで劇団にとって得意なモチーフなどは限定して来なかったけど、
次に家族ものをやるタイミングが来たら、
この手ごたえを確かめたいとずっと思っていた。

今回の「寂しい時だけでいいから」は、
今までの家族ものとは様相が少し異なっている。

変化球でもあり、直球でもある。
厄介な球だ。
なんとかして魔球のようなストライクボールを投げたい。

しっかり投げ切れるかどうか。

乞うご期待。

========================================================================================

劇団フルタ丸 2018年本公演
『寂しい時だけでいいから』

日程:5月30日(水)~6月3日(日)
会場:浅草九劇

チケットのご予約は⇒コチラから

========================================================================================

Leave a Reply