リレーブログ「卒業のメモリー」宮内勇輝

皆様どうもこんばんわ。
宮内勇輝(月曜日)です。
本日は2月22日。ゾロ目。良い事が起こりますように。
あっという間に2月も終わりを迎えようとしておりますね。現在客演中の「週刊モンキーチョップも折り返し地点で、週一の本番というなんとも不思議な感覚を味わっております。
週刊モンキーチョップ、チェケラです。

さてさて、本日のテーマはまたまたパーソナルなメモリーシリーズ第3弾。

「卒業のメモリー」

です。

まぁ思い返せば、色々ときな臭い自慢話がわんさか出てきますが、そんなん置いておいて。

皆さんは卒業文集って書きましたか?
僕も書きましたよ。なんとなくしか覚えてないけど、確か在り来たりでドストレートな文だったと思います。
みんなに読まれるものですからね、読まれるのがとても恥ずかしいですよね。
そんな中、やっぱりどこの学校にも秀逸な作品を提供する奴が大抵1人はいると思います。

僕の同級生にもいました。ひとり。
キングオブ卒業文集。
彼はまさしく天才でありました。
厳密に言うとその彼が小学校の時に書いた卒業文集なのですが、今日は少しだけでも彼の才能を感じて頂きたく、その作品を簡単ではありますが紹介したいと思います。

タイトル

『アクエリアス』

作品内容

友人と缶蹴りをして遊んでいた時に
『もこち』という遊びを開発した。

この才能、おわかりいただけただろうか?

これですよ皆さん。
天才と呼ばれる奴は思いつく角度が予想を余裕で超えてくるのです。

彼は卒業を控えた大事な時でさえ思い出に浸ることなく、その時のホットな時間にだけ夢中になり書き連ねたわけです。
そしてその時の彼が何よりも夢中だったのが、

「もこち」

未知との遭遇とはまさにこの事です。
地球上でこの遊びを思い付いたのは彼のみである事は言うまでもなく、その洗練された言葉選びに一般人である私はただただ感服致しておりました。

さらに彼のインパクトはまだまだ続きます。
腹がよじれるくらい笑い転げ、ようやく読み終わった後に訪れる疑問。

『・・・アクエリアスって・・?』

タイトルがアクエリアスである意味がまるでない。この謎がひとたび現れたら何処までも迷い込ませ、ついには現在の僕も解明できず、疑問だけが永遠と宇宙を彷徨っているようでした。

僕は卒業と聞くと、常にこの天才の作品を思い出し、そしてこの作品が僕の中で永遠に生き続けていることを再確認するのです。

次回
小学5年生のシンガーソングライター。
新曲『かるこむち』の発表とその制作秘話に迫る、の巻。

天才結構いたわ。

さてさて今週も
金曜夜20時は〜
週刊モンキーチョップ!


★宮内勇輝「週刊モンキーチョップ vol.3」に客演★

宮内勇輝が4週続けて、毎週金曜日のコントライブに登場!

日時:2016年2月12日・19日・26日、3月4日(20時開演)
会場:新大久保ホボホボ
チケット料金:2,500円(1ドリンク+軽食付き)

モンキーチョップ公式HP

5 Comments

  1. なみ 2月 22, 2016 - 11:20 PM

    ん?「もこち」と「かるこむち」は別人??

    他の人の文集覚えてるんだ!?と驚いたけど、なるほど、ここまでのインパクトだと、さすがに覚えてるかも(笑)
    もこち…気になるな…
    『アクエリアス』も、きっとその頃彼の中で熱いモノだったんでしょうね。

    卒業文集委員をやったのは小学校の時だったか…
    みんなの作文を集めたり、担任の先生の徹底解剖ページを作ったり。
    ちなみにこの時描いた先生の似顔絵は私の自慢の最高傑作!
    激似だったなぁ…

    恐らくどの文集でも、「夢は漫画家」と書いたはず。
    ちょっと自分の文集を読み返してみたくなりました♪

    Reply
  2. よねやま 2月 23, 2016 - 12:57 AM

    卒業文集だけは捨てられないね。読むと恥ずいけど笑
    アクエリアス、ちょうど発売時期だったんでしょうね。当時のランキングは
    ゲーターレード⇒ポカリスエット⇒エクエリアス
    でしたけど。。。スポーツメーカーは
    アディダス⇒プーマ⇒ナイキ
    だった。ナイキはダサかったんだけどな~

    Reply
  3. masami 2月 23, 2016 - 01:27 AM

    ブログ50回、おめでとうございます。となると、私は50回もコメントしていることになるのか?!あまり実感がないなぁ。あっという間だ!!

    しかし「もこち」という遊び。。。缶けりをしながら思いついた?私も子どもの頃、缶けりしたなぁ。
    「もこち」っていう遊び、気になる!
    そして、卒業文集の「アクエリアス」。。。つまり、人間の体に染み込む、生きるために必要なものみたいなつなかり?!
    それとも、ポカリスエットの後に出たからパクリ的な意味?!いやいやそうじゃなくて。。。って、知らない人なのに考えたくなってしまった(笑)
    天才って、不思議なことを生み出す。センスというかひらめきというか、独特な世界観を持つ気がします。
    あれあれなにをかいているのか。。。
    ま、卒業文集の思い出、私は当時、バレーボールの選手になりたいと思っていたことは記憶している。なんてことはどうでもいい事。
    すみません。意味不明になってきました。失礼しました(;^_^A

    Reply
  4. ロッキー 2月 23, 2016 - 07:58 AM

    え??もこち???どんな遊び????
    今頭が完全に「もこち」でいっぱいな所に入ってきた「かるこむち」、、、今日はその2つで悶々としそうですよ(´Д` )
    アクエリアスも懐かしいw
    その彼はその当時好きだったのだろうか???
    ああ、「もこち」「かるこむち」の中に「アクエリアス」が悶々同盟に参入してきちゃったよ。。。
    許されるならそれを読ませて欲しい!!!
    でも「卒業」と聞いて宮内さん自体の卒業メモリーより「アクエリアス」が勝っちゃうっていうのはよっぽどのインパクトなんでしょうねぇ〜ww
    私の子供の頃にもそんな面白いのを書いてる奴いたのかなぁ、、、ちょっと探してみようかな?

    週モンさん、今週も伺えませんが、最終日には伺えると思いますのでその時まで楽しみは取っておきますね〜♪

    Reply
  5. みさえっち 2月 23, 2016 - 10:26 AM

    宮内さん、更新お疲れさまです。
    卒業文集かぁ、ほとんど覚えてないなぁ。宮内さんの言うように、人に読まれることが前提なので、普通の当たり障りのないことを書いたと思いますです。
    それにしても『もこち』とは?どうしても『速水もこみち』が思い浮かぶ。アクエリアスは、単純にその空き缶で缶けりしてたのかなぁって。ただ、アクエリアスの空き缶の模様が思い出せない。ポカリは思い出せるんだけど。
    たった三文字でいつまでも宮内さんを悩ませるそのお友達、凄いです!!

    Reply

Leave a Reply