リレーブログ「バレンタインのメモリー」フルタジュン

こんばんわ。
まずは、ショックなことからの報告。

筆入れを無くしました。

さっき、藤沢でラジオの生放送があって、終わった直度、駅に向かって走っている時にどうやらリュックが開いてしまっていた。
その時に筆入れが落ちたらしく、20メートルくらい走り去った後に気づき、落としたであろう所を探したがもうそこにはなかった。

はぁ。

万年筆とか大事にしていた文房具の数々が入っていたので、だいぶショックです。

というわけで、バレンタインのメモリー!

あかん。
ショックを振り切れてないので、無理しとるね。。
すいません。

低温から上げて行きます。

チョコレート、今日のラジオでも頂きました。
ありがとうございました。
リスナーの方から送って頂いたり、先日のフルタ丸サロンでもたくさんいただいた。
我が家はチャーリーとチョコレート工場みたいになってます。
有り難いです。チョコレート好きなので。
チョコのカカオには「身体に良い」とされるポリフェノールが入っていることが、大きな免罪符になっている。
あのポリフェを隠れ蓑にできるのが、スイーツの中でもチョコレートが頭一つ抜きんでている所だと思うのです。

甘いものを食べている罪悪感からの解放。どうですか?違いますか?

僕は学生時代にモテることがなかったんで、バレンタインにチョコが欲しいと思うことさえありませんでした。そういう発想からなかったというか、僕みたいな人間がチョコを欲しいと思うことなど恐れ多いと思っていました。あと、実家がケーキ屋だったので、クリスマスと同様に家業の商品というイメージが強すぎたのかもしれない。

 

ま、すべては言い訳であり、あとの祭りです。
チョコが要らない男などいません。

「フルタにください!」

 

順番が前後してしまいますが、先日はフルタ丸サロンのご来場ありがとうございました。良い夜でした。
人生の物語はだいたい夜に起きます。夜が素晴らしければ、その日がどれだけ最低なことばかりでもなんとか帳尻があったような気もする。
「遠足前夜」という時間軸の発想は、究極、人生の帳尻合わせなんです。
人生に遠足前夜みたいな時間さえあれば、なんとか大丈夫。なんとか生きてられる。
そういう時間だと思っています。サロンはまたやると思いますー。

 

さあ、次なる目標は二人芝居「虎の館」です。
近年の僕の作品のどれともトーンが違うだろうと思います。
やりたいことを遠慮してません。

むしろギュッと濃縮して、あの二人と、余すところなくちりばめたいと思ってます。
何を?って。

ロマンとかそういうのです。

秘密の場所でやるのでお越し下さい。


★最強の二人芝居プロジェクト「虎の館」★

2014年から始動した二人芝居が、ついに上演決定!

作・演出:フルタジュン

出演:山田伊久磨/清水洋介

日時:2月27日(土)14時/17時

     28日(日)13時/16時

会場:都内某所(ご予約頂いた方にのみご連絡)

チケット料金:2,500円

「虎の館」特設サイト

チケット予約はコチラから!

5 Comments

  1. なみ 2月 13, 2016 - 10:57 PM

    さぶろうさん、本日もラジオお疲れさまでした。
    大事にしていたものをなくすのって、ひとが思う以上にショックなんですよね…
    見つけるのがムリなら、せめてまた次、良き出会いがありますように。

    改めまして、フルタ丸サロン、ありがとうございました!
    フルタさんの前夜トークのインパクトが強すぎて…
    フルタさんがいなかったら、今私が感謝する色んなモノがなかったんだ…と思うと。
    ホント、無事でいてくれて良かったと、心の底から思いました!
    トークライブ、ぜひぜひまたやってください!!

    チョコレート、ウィスキー入りのが良いという昨年のTwitterでの会話を思い出して選んでしまいましたが、お渡ししたあと他にも色々見つけてしまって。
    探してる時って、コレというのが見つからないものなんですね~
    最近チョコレートもバリエーション増えてるので、来年は身体に良い系にしようかと画策中。
    来週もお届けいたします♪

    『虎の館』も期待する気持ちだけ持って伺います。

    Reply
  2. masami 2月 13, 2016 - 11:34 PM

    フルタさん、筆入れの紛失。。。ショックお察しします。お気に入りをなくしたときのがっかりと不便さは、気持ちへこみますよね。
    しかし、レディオ湘南に忘れたということは、ないのでしょうか?
    どうしても見つからなかったら、自分の身に起こるべき厄を落としたと思って、乗り越えてください。
    私はいつもそう思うようにしています。

    さて、フルタ丸サロン、本当に楽しかったし、素敵な企画でした。
    フルタさんの命拾いの話は衝撃でしたけど。。。でも、無事でよかった。無事だったからフルタ丸との出会いとなったし、素敵な時間をたくさんもらえるようになったのです。これ、マジで感謝です。

    バレンタインチョコ。。。なるほどポリフェノールの言い訳&罪悪感回避ですね。
    お家はチョコレート工場のようになっているそうで。。。メルヘンです。楽しみながら、少しずつ食べてください。
    しかし、ババがたくさんチョコをもらう姿は、娘さんには、人気者ババとしてうつりますね(〃’▽’〃)

    Reply
  3. ロッキー 2月 14, 2016 - 01:33 AM

    フルタさん!!「遠足前夜」改めて本当にお疲れ様でした!!
    まさにフルタ丸サロンの前夜が遠足前夜のようにドキドキした前夜でした♪
    私事ですが、その日にあった嬉しくも切ない事も含め、あの前夜は忘れられない前夜になった事は間違いないなぁと思います!
    フルタさんの前夜のお話、もう、フルタさんに何もなくて本当に良かった!!!
    フルタ丸がない事なんて今の私には考えられないなぁとあのお話を聞いて自覚させられましたよー!

    チョコレートやワインは確かに「ポリフェノール効果」で身体にいい事してる感ありますね!!!
    とり過ぎたら結局ダメなのになんか大丈夫って思ってしまうw

    筆入れ、、大切なものが入ってる、しかも物書くフルタさんには商売道具ですもんね。。。
    使い慣れたものを無くすことって思いの外ショックが大きいので、、、お察し致します。。。
    もしかすると通った方が道の脇とかに避けたのかもしれないですね。。
    明日藤沢通ってみようかな?

    Reply
  4. みさえっち 2月 14, 2016 - 12:14 PM

    フルタさん、更新お疲れさまです。そして「遠足前夜」も本当にお疲れ様でした。やる方も見る方もどうなるか分からないイベント、しかし面白いこと間違いないだろうという思いで臨んだイベント、やっぱりフルタ丸は最高の集団であることはあらためて確認できた夜でした。またの開催を心から願うばかりです。
    さて、バレンタインメモリー。何というか、フルタさんらしい。でも、きっと今はいろいろな思いのこもったチョコをたくさん頂いていると思います。ゆっくりゆっくり味わってくださいまし。
    最後に、筆入れ残念ですね。なかなか自分の手にしっくりくる筆記具って見つからないし、同じものを買ってもなじむまで時間がかかりますもんね。何より、フルタさんのような職業の場合、そのものに思い出もあるでしょうし。誰かに拾ってもらって交番とかに届けてもらえると良いですね。

    Reply
  5. よねやま 2月 14, 2016 - 03:33 PM

    あらら…相棒たち無事に再会できると良いのですが。。。
    サロン、愉しい企画をありがとうございました。単なるファンイベントでは終わらない、さすがフルタ丸(フルタさん)ですよ。これだから、毎公演足を運んでしまうんですね〜定期的なイベントになれば嬉しいです(^^)ゞ

    Reply

Leave a Reply