リレーブログ「なんとも言えない哀愁を感じる」清水洋介

どうも。フルタ丸の清水です。寂しい時だけでいいから、幕をとじました。本当にありがとうございました。
作品については他のメンバーも触れているので、清水は演じた役柄について触れてみたいと思います。

稲本豪…マイホームを買いたい父親
俗に言う意識高い系でやたら鼻につく父親。本当は今の仕事よりやりたいことがあったんじゃないのかと思っている。自分の役割はプライドを持って仕事をして理想的な家庭を築き、家のローンを払うこと。しかし思い通りにならない現状に心の何処かで孤独と戦っていた。それを正反対に生きてきた岩切に見抜かれ、笑いあう最後。どんな生き方にも寂しさがつきまとい、おかまいなしにどんどん時代は変わっていく。なんとも言えない哀愁を感じる。過剰に明るく振る舞う姿、今を生きようとする姿は演じていても楽しかった。美人の嫁さんと可愛い娘がいるんだから頑張れとエールを送りたい。

はやと…マッチを擦ると現れる家族の子供
もうこれは元気があればなんでもできる状態だった。愛に育まれ優しくたくましく。演出のフルタジュンに今回は子役ですって言われてから、街行く子供を凝視しする癖がついてしまった。だいぶ怪しいのでそろそろやめときたい。
あと実兄の息子がモデルと前にも話したが、泣くところはかなり参考にさせてもらった。オンオン泣く子供の大粒の涙と光る鼻水。ダイナミックに感情を表に出すので、なんてパワーを使うんだろうと毎ステージ思ってました。

今回は日替わり出演者陣も豪華で客席から観たいと強く思ってました。一人一人じっくり語りたいところですが、長くなってしまうので割愛。出演者全員に感謝と愛を込めて。

寂しい時だけでいいから、いかがでしたか。
楽しんでいただけたのなら、幸いです。まったくもって散文ですみません。また、フルタ丸で会いましょう。水曜日担当清水でした。

フルタ丸、胸にせまる、あたたまる。

3 Comments

  1. なみ 6月 06, 2018 - 10:10 PM

    ダメだ。今回ロスはないと思ったけど、やっぱり写真を見てうるうるしてしまう。
    稲本さん…脱いだTシャツを着直した時の、前髪と襟足を撫でて直す仕草に、妙なプライドの高さを見ました。
    そして、インテリちっくな自分の上司と重なってしまい、「あ、この人好きになれない」と一瞬目が座ってしまった。
    でも、多分、岩切さんみたいな生き方に嫌悪感と憧れがあって、そんな彼にバカにされたことでより、必死に生きてきたのかもなぁ…とか思ったりして。
    大好きなわけではないけど、どこか憎めない人。
    はやとくん、とにかく可愛い。
    母親を鬼と呼びながら、それでも愛情を理解し、受け入れ、素直でやんちゃに生きる姿は、見ていて思わず笑顔もになってしまう。
    ママが大切で大好きで、それと同じようにパパが大好きで信頼して、たくさんの愛情を注がれてきたのがわかる。
    お弁当のシーン、あんなに劇場中ですすり泣きが起きるのは想定内なんだろうか?
    あのシーンはずるい。
    というか、はやとくんは特にずるいところいっぱいだったし!
    鬼から逃げる時の仕草と、「ボール蹴るやつ?やりたいっ!」が可愛くて好き。
    胸にせまる、あたたまる。
    本当に心の底から楽しませていただきました。
    またいつか、あの家族に会える日が来ますように…
    改めまして、お疲れ様でした!

    Reply
  2. ma-min 6月 07, 2018 - 09:25 PM

    清水さん、稲本は、父として頑張っていたけど、奥さんや娘の気持ちに翻弄され、マイホームの購入を見合わすことになり、それまで家族のためにとひたすら頑張ってきた自分の気持ちや困惑を爆発させ「ローンを払うのは俺なんだよ」とテーブルを叩くシーンは涙が溢れた。
    それでも、岩切に「孤独なんだな」と言われたとき「お前が言うな」と笑ったシーンは好きでした。
    どこか対立しぎくしゃくした関係にあった二人が、素直に向き合った瞬間でもあったと思った。
    就職前に岩切に言われたことを心の中に持ち越しつつ、それを跳ね返すべくプライドからの頑張りが、少したかぴーな彼の人生を作っていってたのかなと思いました。
    はやとは、少し困ったちゃんのところもあったけど、家族の愛に包まれて育った天真爛漫で元気一杯な子でしたね。
    舞台から伝わるその熱量は半端なかったです。
    お弁当のシーンは、本当に心に染みました。
    声のトーンも台詞の語り口もヤバいくらいに心に染みました。あれは泣きますよ。
    他にも、嬉しくてパパの背中におんぶする姿、カレーを食べる姿等も好きでした。
    清水さんが、この役を演じるために、子どもを観察してきた話を聞くと、日々観察と努力が積み重ねられていたんだなぁと改めて感動しました。
    本当にお疲れさまでした。
    そして、ありがとうございました!!

    Reply
  3. ロッキー 6月 08, 2018 - 08:45 AM

    清水さん、改めてお疲れ様でした!
    岩切さんに言われた事を未だに覚えていたのか、思い出したのか、、でもきっとあの言葉がキッカケになって今の稲本を作った様な気がします。
    「お前が言うなよ」で笑い合う瞬間、少しだけ楽になったのならいいなぁ。。

    ハヤトはとにかく可愛い。。
    あんな子供、もしくは孫、欲しいと思いました。
    愛情をめいいっぱい受けてるとああいう子が育つんだろうなぁ。
    ハヤトがお弁当の事でごめんなさいと泣く所は何度見ても涙腺崩壊でした。。
    子供と、特に男の子と遊ぶと体力差でめちゃくちゃ疲れるけど、子供のハヤトを全力で演じた清水さんの体力消耗はいかばかりか。。
    今はとにかくゆっくり休んで下さいね!
    本当に本当にお疲れ様でした!

    Reply

Leave a Reply