リレーブログ「思い入れのある作品」宮内勇輝

「寂しい時だけでいいから」終演

走馬灯のような、幻想のような、

そんな一週間だった。

思い入れのある作品だった。

久しぶりの主演だというだけでなく、

これは紛れもなく皆んなで作り上げた作品だったから。

正直に言うね、

僕自身、芝居が完成したのは劇場でのリハーサル(ゲネプロ)だった。

もちろん怠けていたわけではなく、いつも以上に頑張ってきたのだけど、リハーサルでの映像を見て激しく修正した。

こんなにもみんなに頑張らせてしまっていたのかと実感した。

こんなにもみんなに支えられていたんだって。

変えたら途端に沢山のシーンがイキイキし始めて。

そして日替わり出演者の皆さんのパワー。

それが相乗効果でエネルギーは高まっていった。

感謝しかない。

それにしても、

本当、トキオがやれて幸せだった。

マッチの最後の一本を擦った後、

窓外から見る家族の団欒の景色をみんなにも見せてあげたい。

その光景は、それはもう愛おしくて。

今目の前にある全ては本当に有難い。

有ることが難しい。

それだけで貴重なんだと、

トキオははっきり実感した。

永遠はないけれど、

あの一瞬は永遠なんだって思える。

僕はトキオのようにそんな一瞬を重ねて生きていきたい。

あ、

生ビール3杯とハイボール1杯飲んでた。

だから、

こんなにもクサいこと語ってんのかな。

ま、トキオをやったんだから、それぐらいいっか。

明日がもうそろそろ始まる。

6月4日が始まる。

もうすぐ新しい一日が始まる。

こんなに終わってほしくない日があるなんて。

そんな想いを胸に、

眠りにつき、

明日を始める。

笑顔で。

ご来場誠にありがとうございました。

走馬灯のような一週間の写真とともに、

「寂しい時だけでいいから」よ、

さようなら。

初日、松尾英太郎さん(佐矢香の浮気?相手)

初日にいきなりの爆発!!!

金魚持ってきていて、爆笑しました。

さすが、劇団スパイスガーデン、松尾英太郎兄さん!!カッコええし面白い、最強。

2日目、里村孝雄さん(トキオのお爺ちゃん、大きいじいじ)

リフティング、本当どこにいくのか??

一緒にハラハラしながら楽しませて頂きました。名優は目ではなく魂で語ってました。

伝承とはまさにこの事。

3日目、大勝かおりさん(姉貴、田中塚歌劇団、泥組、大地和麗流)

ぶっ飛んでる姉貴。だけど、幼い頃の想いを大切にするとても温かく愛情のある姉貴。

想いを込めて弟にパスしてくださいました。

大勝かおり、ここにあり!でした!!

3日目の夜、劇場のビルにあるWIRED HOTELで泊まった時に出会った韓国から来ていたみんな(左から、パク・サンフン、俺、キム・ジョンイン、ヤン・ドンフォ)

獺祭、ご馳走さまー!最高の夜だったよ。

4日目、インコさん(ホームステイに来ていたエリック。実家は寿司屋)

スタンドアップコメディを見て憧れていた人と同じ板に立てるとは、感激。

ピーン!が良く似合うアイデアマン。

そっとトキオの背中を押して下さいました。

そして、最終日。

ラビット番長、西川智宏パパ。

なんだかんだで同じシーンでの共演は初!

しかもガッツリ2人芝居。幸せだったぁ。

空き巣の黒川さんから憧れられて、トキオは勇気をもらう。

西川さんの芝居ではしゃぐ姿は素敵すぎ!

と、まぁ

その他にも語り尽くせないくらいの思い出がありながら、

あっという間の一週間。

とても幸せでした。

観に来てくれた皆さん、

劇場、舞台空間を作ってくださったオールスタッフの皆さん、

絶大なパワーを与えて下さった日替わり出演者の皆さん、

そして、

メンバーのみんな、

本当にありがとうこざいました。

これからもみんなで

(もちろん観に来て下さった皆さんも含めてですよ)

面白いものを作っていきましょう。

3 Comments

  1. なみ 6月 05, 2018 - 12:21 AM

    宮内くん、改めてお疲れ様でした。
    確実にフルタ丸ロスのはずなのに、不思議といつもの抜け殻感とはちょっと違っていて、「終わったんだなぁ…」と現実を半笑いで直視する月曜日でした。
    夢のような時間の中で過ごすトキオに自分自身を重ねていたりして。
    一緒に一喜一憂するより、もっと深くトキオという青年と向き合えた気がします。
    最後、現実を受け入れて嗚咽するトキオは観ている私たちであり、宮内くん自身だったのかな…と。
    そんな感覚の、不思議なパワーのある舞台でした。
    だからこそ、岩切さんの「戻るぞ」という一言が、ダイレクトに私の背中を押したんだな、と。
    トキオが大丈夫なら、私も大丈夫。
    また次回、素敵な“嘘”の世界を期待しています。

    Reply
  2. ma-min 6月 05, 2018 - 01:56 AM

    最後のブログに滑り込み。
    お芝居が完成したのはゲネだったのですね。前日の大幅な修正。。。それはエネルギーのいることでしたね。
    だけど、そのお陰で、あんなに素敵な物語を見せてもらうことができたと改めて実感します!!

    孤独に包まれ、自分や他人に期待もなく生きていたトキオが、家族をもって戸惑いながらも喜びや幸せを感じて変わっていった姿は見ている側の心も暖かくしてくれた。
    今も忘れられないシーンがたくさんあります。
    なんたって夢にまで出てきたトキオさんですから(笑)
    言葉のない表情、動き、そして背中、号泣からの笑い。。。そんな中にも好きが一杯です。

    千穐楽の前日、私もマッチの最後の一本になった気分を経験。明日で終わってしまうという寂しさ。でも、終わる寂しさよりも、観劇できたぬくもりと歓びを大事にしようと思えたから、悲しくはならなかった。

    今、私は笑顔です。
    また会える日まで!!
    素敵な姿を観せて(魅せて)くれてありがとう????❤

    心から感謝!お疲れさまでした!!

    Reply
  3. ロッキー 6月 05, 2018 - 07:23 PM

    宮内さん、改めて、お疲れ様でした!!
    改めて、トキオありがとう。
    永遠のようなあの一瞬。
    観ていた私達も永遠に続いて欲しいとどれだけ願ったか。
    「寂しい時だけいいから」の世界の人たちにまた会いたい。でも会えないんだろうなぁ、、なんて思っていると少しトキオの気持ちに近付けた気がして、寂しいけどなんか嬉しい変な感じです。
    本当に、本当にお疲れ様でした!!!

    Reply

Leave a Reply