リレーブログ「卒業のメモリー」フルタジュン

はーい。
今日、都合3つ目のブログを書いてます(笑)
別に全然人気ブロガーでも何でもないけど、とにかくブログ書くのが重なりまくる日ってあるよね?…ないか。

今、僕はメンバーの清水さんと「虎の館」という二人芝居を上演している。
演劇と向き合うにはうってつけの演目である。
明日もよろしくどうぞ。

さて、卒業というテーマですが、そもそも僕は学校を一日も休まずに登校したような奴だった。
小学校、中学校、高校、予備校。
合計して、13年間。
無欠席だった。
なんで、こんなことになってしまったのか。
13年間という月日はそれほどに重く長い。
風邪とか滅多にひかなかったので、休む理由もなかったのもある。
それにしても、13年間。
小学生の頃、そんな無欠席のタイトルホルダーだったことの他に、年がら年中、体操服の半袖半ズボンで登校していたやつも…僕だった。
皆さんの周りにもいませんでしたか?
あれです。
興味がなくて、長い袖の服や、長ズボンを持っていなかった。
真冬にも半袖半ズボン。
興味うんぬんの話じゃないことは分かっている。けど、本当に興味がなかったので、寒い方がマシだったのである。

それで迎えた小学校の卒業式。
皆は、オシャレをして着飾っていた。

もちろん、僕は一人だけ体操着の半袖半ズボンだった。
格好良く言えば、最後まで自分のスタイルで行くことに決めた。

しかし、その日のためだけに、上下ともに新品を用意してくれた母親には感謝している。
あの卒業式だけは忘れようがない。

おかげさまで、今でも寒さには強い。

あと、尾崎の曲だけど「この支配からの…(ためて)卒業」というフレーズが好き。

<文・フルタジュン>


★最強の二人芝居プロジェクト「虎の館」★

2014年から始動した二人芝居が、ついに上演決定!

作・演出:フルタジュン

出演:山田伊久磨/清水洋介

日時:2月27日(土)14時/17時

     28日(日)13時/16時

会場:都内某所(ご予約頂いた方にのみご連絡)

チケット料金:2,500円

「虎の館」特設サイト

チケット予約はコチラから!

4 Comments

  1. なみ 2月 28, 2016 - 10:10 AM

    昨日は『虎の館』初日お疲れさまでした。
    そして千穐楽おめでとうございます。
    ひねくれているようで、そこにいる人たちの気持ちは1本まっすぐで、あの二人(役としても、ご本人としても)いいなぁ、すごいなぁ、と。
    あの二人が演るべくして演ったお芝居だと思いました。
    「ジュンくん、こらぁ~」という気持ちもありますが、もはやこの”してやられた感”すら心地好いです。

    半袖半ズボン、クラスメートにもいました。
    そして冬になるとガタガタ震えてストーブの前を陣取ってました。
    ならばどうして袖丈を長くしないのか…と、そういえばこちらも聞かなかったです。
    その姿も含めて、その子なんでしょうね。
    そして新品の体操着を用意されるお母様のセンス!
    光景は面白くなりそうですが、なんかちょっとぐっときました。

    虎たちの卒業式とも言える今日の生き様、楽しみにしてます!

    Reply
  2. ロッキー 2月 28, 2016 - 12:29 PM

    フルタさん、「虎の館」初日お疲れ様でしたー!
    演者のお二人のみならず、フルタさん自信の熱の上がりようも感じられて、こちらも熱くなりました!!!
    今日は千秋楽伺えず本当に残念ですが、今日も熱く熱く虎達の戦いを繰り広げて欲しいと思います!!!

    半袖半ズボンの子、確かにいましたねぇ。。。
    うちの学校にはランニングシャツに短パンって子が1人いましたが、学年は違うし名前も知らないのに今でもハッキリ覚えています!!
    そういう子ってなんで半袖半ズボンなんだろう?と思っていましたが、そういう事だったんだなぁと腑に落ちました〜!
    まさか興味があるないの話だったとはw
    そしてその子が大人になった今どうしてんだろ?って思っていましたが、フルタさんのような熱い心を持った人に育ってくれてるのかなぁ?寒さに強いのは心が熱いからなのかしら??なんて思ってみたり。。

    Reply
  3. みさえっち 2月 28, 2016 - 12:34 PM

    フルタさん、更新お疲れさまです。
    そして『虎の館』の初日、本当にお疲れさまでした。始まる前からの全てがお芝居の一部だったような演出にあらためて感動しています。
    さて、フルタさんの「卒業のメモリー」。まずは13年間の無欠席が凄い。私も健康優良児でしたが、無欠席ではなかったかな。ただ、ここ15年間で寝込む風邪は1度しか引いたことがないです!!
    話を戻して、居ましたよ、一年中半袖・半ズボンの男の子。子供心に「寒くないのかぁ」と思ってはいたけど、だから変な子という感じはなかったですね。ただ、卒業式もそのスタイルを貫くところが何となくフルタさんらしいし、それを受け入れて新しい体操着を用意してくださるお母さまを素敵だと思います。やっぱり、フルタさんは昔からフルタさんなんですね。

    Reply
  4. masami 2月 28, 2016 - 07:00 PM

    フルタさん、虎の館、ありがとうございました!!
    予想を超えて、とっても超えて、大どんでん返しの展開に振り回されつつそこに落ちるか~という感動の作品でした。
    ステージの虎2人と見えないもう一匹の虎は、とても格好よかったです!!作品を見てそうおもいました。
    ありがとうございました!!

    卒業メモリー。。。フルタさんは子どもの頃から半袖半ズボンだったのですね。
    卒業式に、新しい体操気をの着の上下を準備してくださったお母様が素敵です。
    正に6年間過ごした学校を卒業する時のフルタさんそのものを飾る姿だったと思います。。。これ、かなりの感動話です。そんな少年が大きくなって、短パンとビーサンになりましたとさという話だったのですね。納得でした!!

    Reply

Leave a Reply