リレーブログ「卒業のメモリー」真帆

 

火曜日です、真帆です。

 

 

ワタクシゴトですが携帯を変えて変換ミスが増えました。

 

先日は、

明後日じゃんね、と打ちたかったのに、
明後日ジャンね、となって、

ちょっとアホっぽくて恥ずかしい思いをしたりしました。

 

でも、この携帯はすばらしくカメラの画質が良くて

この間の結婚式の時には、そりゃあやっぱりアホみたいに写真を撮りまくったのです。

 

画質は大事。

 

大人になってから
よく写真を撮るようになりました。

昔からあまり写真は好きじゃなくて、
うちの家族も、写真をたくさん撮るようなことはしない人たちだったので(その証拠に、我が家にはカメラがありません。笑)
学生の頃、よく撮ってたものと言えばプリクラ。

それ以外の写真のようなものは、ほんとにあまり撮りませんでした。

 

それがいつからか、携帯を選ぶときの最重要ポイントはカメラの画質、と、なったんです。

不思議ですよね。

 

たぶん最初はブログ用に撮ってたんですよ。

 

そのブログが日記代わりになり、
写真を撮るという行為が特別なことではなく、日常となりました。

 

これからも、たくさん写真を撮ると思います。

 

記憶を記録し、
想い出を残すために。

 

今週のテーマ、『卒業のメモリー』と聞いて、最初に1枚の写真が浮かびました。

 

それは卒業式の写真、とかじゃなくて
中学3年の夏、部活を引退する時に撮った写真です。

 

私にとって中学は、何よりも部活。

部活の為に学校に行ってたし、
あの時が本当に楽しかったから、今の私があります。

引退してからの卒業式までの日々を、どんな風に過ごしていたか、ほとんど覚えてません。笑

 

卒業式の答辞を任されていたので、たぶんその準備とかをしました、ちゃんと。

母に、答辞を楽しみにしてると言われたのを覚えてます。

緊張してるか?とか、
準備しっかりな、とか、言われてたけど。

 

私にとっては卒業式なんて、意味がなかった。

だってもう、部活を引退した時に
心は別の場所に向かってたから。

 

何をもって卒業とするかは、人それぞれですからね。(個人の見解です)

 

 

 

私はよく、あの時や、あの人、あの瞬間を、
もっとたくさん残せば良かったと、後悔します。

 

だから例え忘れてしまっても、
いつでも帰れるように、写真を撮ることにします。

 

 

卒業写真のあの人は、やさしい目をしてる。

 

 

火曜日担当 真帆

 


★劇団フルタ丸 第25回公演「タイトル未定」★

劇団員のみでお送りする本公演!
今年は東京と岐阜をまたにかけるツアー公演が決定!

作・演出:フルタジュン

出演:宮内勇輝/真帆/篠原友紀/工藤優太/清水洋介/フルタジュン

【東京公演】5月25日(水)~29日(日)@下北沢「劇」小劇場
【岐阜公演】6月10日(金)~12日(日)@美濃にわか茶屋

公演詳細は決まり次第UP

6 Comments

  1. なみ 2月 24, 2016 - 12:01 AM

    真帆ちゃん、今日は笑顔?

    私も写真を撮られるのは苦手!
    100%表情固くなる!
    せっかくのチェキも、自分は極力見ないように努力してます!
    そしてやっぱり撮るのも苦手だったりする。
    誰かに「撮ってください」とか言われると、妙に緊張する。
    でも、思い出を語るのに、写真は大事なんだよね。
    今残っている写真たちを見ると、つくづくそう思う。

    部活の引退は私も覚えてるなぁ~
    中学の時、先輩の卒業を見送った時のことをものすごく覚えてて。
    いざ自分が引退するとなって、後輩たちが涙ぐみながら送ってくれた時、「あぁ、私、あの時の先輩と同じところに立ってるんだなぁ…」と思って、悲しいような淋しいような、それでいて少し誇らしい気持ちもあったりして。
    特に中学の時って、「先輩」の存在がおっきかったし。

    青春の欠片を思い出して、きゅんと切ない気持ちになりました。。。

    Reply
  2. ロッキー 2月 24, 2016 - 07:51 AM

    写真かぁ、、昔なら「写ルンです」とか流行ったので、常に持っていた記憶があります♪
    プリクラもよく撮ったなぁ。。

    真帆ちゃんの大切な記憶には必ず「演劇」が関わってくるんですね(*^^*)
    記憶を思い返す時、その時演じてた役や関わっていた舞台が連動して出てくるなら、それはとてもステキだなぁと思います!
    写真って見返すと気恥ずかしくてむず痒くなりますが、その時の自分を見返して色々思ったり、今の自分に喝を入れてくれたりするモノなのかもしれないですね♪

    Reply
  3. みさえっち 2月 24, 2016 - 10:11 AM

    真帆ちゃん、更新お疲れさまです。
    私も写真を撮られるのは苦手です。でも、真帆ちゃんが仰るように、手軽にいつでもスマホで綺麗な写真を撮れる今だからこそ、様々な風景や人や瞬間を残したいと思うようになりました。ちなみに、私には『フルタ丸アルバム』があります。もう三冊くらいかな。もちろん、まだまだ増えますよ!!
    さて、真帆ちゃんの卒業のメモリー。真帆ちゃんにとっては部活=学校だったんですね。凄く青春感じます。その学生生活が今の真帆ちゃんを創った訳ですよね。素敵なお写真、ちょっと見てみたいです♪

    Reply
  4. masami 2月 24, 2016 - 02:18 PM

    真帆ちゃん、携帯選ぶとき写真の性能見るの同じです。
    私も記念に写真を撮ります。自分がうつるのは好きじゃないので、基本自分抜きです。
    それでもこれは記念!!というときは撮るときもあります。

    真帆ちゃんの部活は、学校生活そのものだったのですね。
    引退した後は、もう次にむかう真帆ちゃんがいたなんて。。。それはそれでかっこいい!!!

    真帆ちゃんは、ずっと舞台とともにある人だね。
    舞台が似合ってる。
    あ~うつくしい革命思い出してきた!!!あれ、いい作品だった。
    真帆ちゃんそのものだったのかもね。

    Reply
  5. masami 2月 24, 2016 - 02:19 PM

    真帆ちゃん、携帯選ぶとき写真の性能見るの同じいです。
    私も記念に写真を撮ります。自分がうつるのは好きじゃないので、基本自分抜きです。
    それでもこれは記念!!というときは撮るときもあります。

    真帆ちゃんの部活は、学校生活そのものだったのですね。
    引退した後は、もう次にむかう真帆ちゃんがいたなんて。。。それはそれでかっこいい!!!

    真帆ちゃんは、ずっと舞台とともにある人だね。
    舞台が似合ってる。
    あ~うつくしい革命思い出してきた!!!あれ、いい作品だった。
    真帆ちゃんそのものだったのかもね。

    Reply
  6. よねやま 2月 28, 2016 - 02:56 PM

    部活は、なんとなーく続いていた様な、なんとなーくフェードアウトしてた様な感じだったんで、きっちりとした線引きが無かった…言われてみれば、大会や公式戦なるものがある部活は、そっちのスケジュールで切り替えでしたね。
    写真。小さい頃は1回1回のシャッターが、何だかとっても重大なイベントだったと思う。自分で撮ると言うのはもっと後。そういう意味では、子供ながら「ここで撮ろう/撮って」と言うタイミングも悩んだ気がする。。。

    Reply

Leave a Reply