「オーディエンス」ライブ配信の中断につきまして

<本多劇場グループPRESENTS 劇団フルタ丸『オーディエンス』ライブ配信の中断につきまして>

ライブ配信チケットをご購入頂いた皆様

この度は配信が中断し、収録動画でのお届けになってしまい、大変申し訳ありませんでした。配信が中断してしまった経緯につきまして、当公演の主催者である劇団フルタ丸よりご説明申し上げます。

今回は、株式会社イープラスが運営する「視聴チケット制のストリーミング配信サービス・Streaming+(ストリーミングプラス)」にて配信をしておりました。配信スタッフは劇団から依頼した方々です。配信用ソフトは「OBS」というもので、ライブ配信では最も多く使われているソフトです。Streaming+ではこのソフトを使用しての配信が前提とされております。このソフトを利用して以下の2回、本番同様のテスト配信を行いましたが、いずれも問題なく配信できておりました。

6月13日(土)19:30~20:15(上演時間45分)
6月14日(日)13:20~14:05(上演時間45分)

ところがライブ本番を開始して7分後、配信ソフトのOBSが突然フリーズして配信が停止してしまいました。

復旧のために、OBSやパソコン本体の再起動を行い、停止したパソコンとは別のパソコン(バックアップストリーム)に切り替えての配信も試みましたが、急な変更により音声入力系統との接続がうまくいきませんでした。
機材トラブルの復旧を試みながら、復旧した場合に途中から続けられるかどうかの議論を行いました。当公演の配信時間は16:00~17:00の1時間枠だったため、17:00以降の延長配信が可能かどうかもイープラスにご相談しましたが、急な配信時間の延長には時間を要するとの回答でした。この時点で、復旧が叶ったとしても、中断箇所からの再開配信が配信時間内に収まらない可能性が高くなっておりました。
その後も様々な手を尽くしましたが時間内の復旧の目処は立たず、やむを得ず当日のライブ配信の中止を決断し、劇団Twitterよりお知らせしました。さらにその後、機材トラブルは解消し、17:30~18:15(上演時間45分間)に本番同様の形で収録を行いました。

現在も、機材トラブルの原因は特定できておりません。可能性として、使用パソコンのCPU使用率が急激に上がったことによる熱暴走が考えられるとのことです。

当日、配信視聴のためにお時間を合わせてお待ちくださった皆様には、このようなこととなってしまい、誠に申し訳ありませんでした。また、配信の中断が起きた際の状況を劇団Twitterや配信映像を通じてお知らせしておりましたが、急なことで情報が行き届かなかった方もおられることと思います。不測の事態等における情報発信準備が不足していたこと、機材トラブルに備えてのバックアップ体制が不十分であったこと、また、配信元のトラブルによって配信が中断した場合の対応についてのお知らせが事後になってしまったことにつきましても、重ねてお詫び申し上げます。

6月15日(月)12:00に、イープラスから配信チケットをご購入いただいたお客さま宛に配信動画視聴URLをお送りしております。かねてより販売を予定しておりました「アーカイブ視聴チケット」につきましても、改めて当サイトや劇団Twitter等にてご案内申し上げます。

本件に関するお問い合わせは、劇団フルタ丸 info@furutamaru.com にて承ります。
このたびは大変申し訳ありませんでした。

2020年6月16日
劇団フルタ丸一同

Leave a Reply