十五周年記念公演「ノーマークだった6人」映像公開

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
劇団フルタ丸です。

自宅で過ごすゴールデンウィークを少しでも楽しいものにして頂けたらと思い、映像公開を行うことに決めました。
作品は2017年に上演した十五周年記念公演『ノーマークだった6人』です。

 

YouTubeにて公開しました。

 

 

劇団メンバー6人からのコメントと合わせてお楽しみ下さい。

【フルタジュン】
フルタです。こんな状況ですが、前を向いて元気にやっております。
今、演劇を劇場で上演すること、お客様に観て頂くことが難しい状況です。僕も久しく劇場へ行けておりませんし、上演予定だった作品の稽古も止まっています。演劇そのものが立ち止まっています。こんなことは初めてです。そんな中、ずいぶん久しぶりにフルタ丸の過去作を映像で見返してみました。今回、配信する『ノーマークだった6人』も上演以来3年ぶりに見ました。色々な感情が渦巻いてきて、結果的に元気になれた自分がいました。あの時は気付く余裕がなかったんですが、メンバー達も躍動していて、みんなが役にハマっていた。劇場で観る良さと映像の良さは違います。映像はどこでも、いつでも、自由に見られること、止められること、何度も見れることでしょう。すでに僕は何回も見てます。笑ってます。スマホ片手にベッドで寝転がりながら楽しんでもらえたら。

【宮内勇輝】
宮内勇輝です。元気です。コロナを通じて色々と思うことはありますが、演劇って素敵だなと再認識しています。そこには目に見えない価値がある。無観客ステージを拝見した時、はっきりと実感しました。その空間に観客の感情が充満していない。演者と観客が呼応して初めて完成。素敵なことです。

さて、会えない日々が続いてますが、3年前の作品をGWから公開とのこと。GWに高飛びの物語。
フルタ丸初のクライムコメディ。僕はクライムど真ん中なヤクザの橋本。愛嬌のある奴に仕上がりました。役の見どころとしては「仲間意識の芽生え」ですね。いやー、橋本は人間味がある良い奴なんです。

皆さんまた元気にお会いしましょう!楽しみにしてます!

【真帆】
どうも、劇団フルタ丸 真帆です。
みなさん、お元気ですか?
ステイホーム、いかがお過ごしですか?
私はもっぱら縄跳びしてます。ここにきて運動の楽しさに目覚めました。すみません嘘です。運動しなきゃヤバイなと気づきました。と言っても、ランニングとか筋トレは好きじゃないので、苦肉の策で縄跳び。
ステイホーム。妖怪食っちゃ寝になるのだけはなんとしても回避しなければ。

ああそういえば、このノーマークの稽古でも体力作りしてたなあ。みんなで走ったりなんかして。
フルタ丸らしくない稽古してました。笑
だけど作品は、とてもフルタ丸らしい。。あれ?フルタ丸?フルタ丸っぽくないかも?いや、やっぱりフルタ丸だ。と、きっと色んなフルタ丸を楽しんでいたたけるかと思います。

自粛明け、ノーマーク再演するよって言われても大丈夫なように、私はとりあえず身体仕上げておこうかな。
また劇場で、みなさんと笑顔でお会いできますように。

【篠原友紀】
数週間前。
不意にノーマークだった6人のラストシーンのあるセリフを思い出し、声に出していた。
この春、世界中の人がもれなく向き合う事になった1つの問題について考える毎日の中で、脳が不意に思い出したのかも知れない。自分自身にあのセリフを投げかけてみて、浮かんだ答えに、うん、そうだよな、そうありたいよなと思った。

先日、フルタ丸のグループLINEで『ノーマークだった6人』の映像を流すよとお知らせがあった時に、この数週間前の事を思い出した。

台本を引っ張り出して読んでみた。
スルーっと物語が始まり、各人の会話をニタニタと楽しんでいるうちに、気付けばなんともスリリングな展開に巻き込まれしまったぞ!なんだなんだこれ面白いぞっ!と思ってしまった。

登場人物全員が、まぁなんとも生き生きと動き回っていた。
自分の人生における悩みにドシンと向き合っていた。
自分が出した答えからでしか、その人を前に
進ませる事は出来ないんだって改めて気づいた。
真っ直ぐな回答だけが答えじゃない。
自分で辿り着いた答えなら、動ける。
ラストシーンの最後のセリフみたいなのだって、しっかりした答えだ。
『ノーマークだった6人』、ぜひご覧ください!

【工藤優太】
どうも、工藤です。大変な状況ではありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。この度、15周年記念公演の『ノーマークだった6人』が配信されることになりました。今、人に会えなかったり、外に出られなかったりとストレスが溜まる状況ですが、自宅での時間のお供に『ノーマークだった6人』を見て頂けたら嬉しいです。フルタ丸には珍しくアクションもあって、いい意味で何も考えずに楽しんでもらえるんじゃないかと思います。アクションを観ると体を動かしたくなりますよね。ノーマークを観て、運動してストレスを吹っ飛ばしましょう!またお会いできる事を楽しみにしています。

【清水洋介】
皆様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。
清水はこの自粛期間中に2キロほど太りました。ゆゆしき事態が続いております。そろそろおうちでできる健康器具的なモノを衝動買いしてしまいそうです。しますか。しましょう。
さて、ゴールデンウィークをおうちで過ごしていらっしゃる賢明な皆様に少しでも楽しんで頂けるよう、劇団フルタ丸は3年前に下北沢で公演した『ノーマークだった6人』を配信いたします。この作品の見どころは、フルタ丸アクションクライムコメディです。このままハリウッドで買い取ってもらって、タランティーノ監督にリメイクしてもらいたい、そんな魅力の詰まった珠玉の一作です。ゆっくりじっくり気持ちを楽にして観て頂けると幸いです。2キロ太る前の清水も躍動しています。では皆様、また舞台でお会いしましょう。

Leave a Reply